将来のプログラマーを増やすための教育

コンピュータの普及と共に、プログラマーの重要性はますます高まっています。

IT業界では技術者不足が問題となり、プログラミングができるエンジニアの育成が急務です。

しかし多くの人は、プログラミングの仕事は理数系に属するため高度な数学の知識が必要だと考え、プログラマーになることを避けがちです。

実際には、たとえ数学が苦手であっても立派に仕事を務めているプログラミング技術者は多く、数学が得意であるかどうかは仕事に直接関係するものではありません。

将来のIT業界では人材不足がさらに深刻となることが考えられ、数学が苦手であってもプログラミングの仕事を目指してくれるような志願者を増やす必要があります。

そこでこれまでの誤解を解くため、プログラミングに簡単に親しむことができる機会を増やす取り組みが不可欠です。

プログラミングの学習は、小さな子供からでも実施できます。

数字や言葉の意味があまり理解できない年齢からでも、プログラミングの楽しさを学ぶきっかけを作るとよいでしょう。

最近では、並べられたパーツを組み合わせてプログラミングができる教材などがあり、子供たちの興味を育てることに役立っています。

海外では、すでにこのような幼少期からのプログラミング指導が盛んに行われていて、将来のプログラマー育成に積極的です。

日本でもこのような教育を取り入れ、たとえ数学が苦手であってもプログラミングに興味を持ってもらいITエンジニアの志願者を増やす取り組みが必要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です